厳選した送出し機関

管理体制や教育体制がしっかりした経験豊かな現地送出し機関との提携により、優秀な人材を確保します。

受入れ体制

入国前の3カ月間の講習により日本語の学習アップを目指すとともに、企業配偶前の1ヵ月講習においても、講習期間中の休日には学校でオリエンテーションを行い、専門用語の学習や知識を身につけます。また、講習終了時に講習記録・個別報告書を提出いたします。

監理指導体制

技能実習生受入における監督行政庁、㈶国際研修協力機構(JITCO)、入国管理局等への各種申請について、必要な書類の作成手続きを責任をもって行います。

生活管理指導

組合では定期的に企業を訪問し、技能実習生が職場や地域でのコミュニケーションがとれるよう対応します。また、日本滞在中における生活面・健康面の指導相談を実施いたします。
九州企業交流協同組合では、技能実習生を受け入れるにあたり、法令を遵守し、また各省庁の指針に基づき、適正な運営をしております。

㈶国際研修協力機構(JITCO)とは

国際研修協力機構は、法務省・外務省・経済産業省・厚生労働省・国土交通省の5省共管により設立された公益財団法人で、その目的は外国人技能実習生の受入れの拡大と円滑化を図ることと技能実習生の受入れを行う企業・団体に対して入国管理局への申請取次ぎなど、総合的支援と情報提供等に関係する各種のサービスを行っています。