1.技能実習生候補選抜

お申込みいただいた内容に従い、現地送出し機関にて募集します。募集された人材について現地送出し機関が書類選考を行い、徹底した身元調査のうえ選抜いたします。

2.現地面接選考

現地で企業様が直接面接し、人選をしていただきます。簡単な知能テストや体力テストも実施いたします。

3.現地講習

技能実習生は、日本滞在に必要な講習を約3ヵ月間受け、日本で生活するうえで必要な日本語や文化習慣を身につけます。講習終了時には、ヒアリングによる日本語能力を確認し、技能実習生の総合評価をいたします。

4.入国

入国管理局による在留資格認定を受け、ビザ発行後入国となります。また、入国前の健康診断を実施のうえ受入れます。組合では空港まで出迎え、集合講習期間中に滞在する宿舎まで同行します。

5.集合講習

入国後約1ヵ月、日本語及び日本の文化習慣やマナーのほか、警察署の防犯・交通ルール、消防署の防災、行政書士の法的講習を行い、さまざまな知識を身につけます。休日を利用してオリエンテーションを行ったり、日本文化を体験するプログラムも組まれています。

6.実習期間配偶

講習終了後、1年目の技能実習がスタートします。実習生は基本的な技術を習得します。組合は実習をスムーズに行えるよう定期的な訪問によりサポートいたします。

7.技能実習2号移行試験

2年目以降の技術実習を続けるために、実習生は基礎2級技能試験等を受けなければなりません。そして、この検定に合格した者が技能実習生「2号」に移行することができます。組合では在留資格「1号」から「2号」への変更手続き等を行います。また、第2号から第3号へそれぞれ移行するためには、技能評価試験(3号への移行のための実技)に合格していることが必要になります。