外国人技能実習・研修制度 は、法務省・外務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省の5省共管で設立された 公益財団法人 国際研修協力機構(JITCO)の指導に基づき行われている公的制度です。
日本の各企業と同じ職種に就労している若人材を一定期間、労働関連法連摘要のもと雇用契約を結び、日本の企業に受け入れて技術・技能や知識を習得させ、母国に帰り経済発展に役立ててもらうことを目的としており、日本の国際協力・貢献の重要な一翼を担っています。

九州企業交流協同組合の の強み

 安心のサポート体制

組合の通訳スタッフ及び、送り出し機関スタッフが技能実習生の日本での活動をサポートいたします。

 優秀な人材の確保

技能実習生は、実技や面接試験、性格診断テスト及び内田クレペリン検査を実施し、実務経験のある人材のみを選抜します。

 充実の日本語教育

日本入国前の日本語や生活習慣等の研修、入国後のさらなるスキルアップのサポートを行っています。